ドクターズコスメの株式会社アイ・ティー・オー

化粧品原料一覧

APS、APM

抗酸化、抗シミ、抗シワ、抗ニキビ

ビタミンC誘導体とは、簡単にいうと”肌の中”でビタミンCに変換される物質のことです。ビタミンCは肌に対する様々な美肌効果をもっています。例えば、美白やシワ、毛穴の目立ち、ニキビなどに対して効果を発揮します。しかし、ビタミンCは紫外線などの影響により壊れやすく、活性酸素に似た性質をもつようになってしまい、かえって肌に対して悪影響を及ぼす可能性があります。この問題を解決したのがビタミンC誘導体です。APS、APMはビタミンCにリン酸を結合させることにより安定性を高めた水溶性のビタミンC誘導体です。紫外線などの影響で壊れにくいため、活性酸素に似た性質をもつことなく、肌へ効率よく吸収されます。肌から吸収された後は、肌のなかに存在する酵素のフォスファターゼによってビタミンCへと変換されていきます。水溶性の為ローションや美容液への配合に適しており、従来のビタミンC以上の抗シミ、抗シワ、抗ニキビ効果が期待できます。APSはナトリウム塩、APMはマグネシウム塩です。

VCIP

抗酸化、抗シミ、抗シワ、抗ニキビ、保湿

ビタミンC誘導体とは、簡単にいうと”肌の中”でビタミンCに変換される物質のことです。ビタミンCは肌に対する様々な美肌効果をもっています。例えば、美白やシワ、毛穴の目立ち、ニキビなどに対して効果を発揮します。しかし、ビタミンCは紫外線などの影響により壊れやすく、活性酸素に似た性質をもつようになってしまい、かえって肌に対して悪影響を及ぼす可能性があります。この問題を解決したのがビタミンC誘導体です。VCIP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)はビタミンCにパルミチン酸が4つ結合させることにより安定性を高めたオイル状のビタミンC誘導体です。紫外線などの影響で壊れにくいため、活性酸素に似た性質をもつことなく、肌へ効率よく吸収されます。肌から吸収された後は、肌のなかに存在する酵素のエステラーゼによってビタミンCへと変換されていきます。オイル状のためジェルやクリームへの配合に適しており、肌になじみやすく、とくに肌の乾燥が気になる方に最適です。

APPS

抗酸化、抗シミ、抗シワ、抗ニキビ

ビタミンC誘導体とは、簡単にいうと”肌の中”でビタミンCに変換される物質のことです。ビタミンCは肌に対する様々な美肌効果をもっています。例えば、美白やシワ、毛穴の目立ち、ニキビなどに対して効果を発揮します。しかし、ビタミンCは紫外線などの影響により壊れやすく、活性酸素に似た性質をもつようになってしまい、かえって肌に対して悪影響を及ぼす可能性があります。この問題を解決したのがビタミンC誘導体です。APPSはビタミンCにリン酸とパルミチン酸を結合させることにより安定性を高めたビタミンC誘導体です。紫外線などの影響で壊れにくいため、活性酸素に似た性質をもつことなく、肌へ効率よく吸収されます。肌から吸収された後は、肌のなかに存在する酵素のフォスファターゼとエステラーゼによってビタミンCへと変換されていきます。リン酸が水溶性を、パルミチン酸が脂溶性を示すため、APPSは水溶性と脂溶性の両方の性質(両親媒性)をもっています。そのため、肌への浸透性が非常に高く、シワやシミなどに対して真皮への直接的なアプローチが期待できます。また、脂質のパルミチン酸が結合しているため、使用後のつっぱり感や乾燥感が起きにくくなっています。

EPC-K

抗酸化、抗シミ、抗シワ

ビタミンC誘導体とは、簡単にいうと”肌の中”でビタミンCに変換される物質のことです。ビタミンCは肌に対する様々な美肌効果をもっています。例えば、美白やシワ、毛穴の目立ち、ニキビなどに対して効果を発揮します。しかし、ビタミンCは紫外線などの影響により壊れやすく、活性酸素に似た性質をもつようになってしまい、かえって肌に対して悪影響を及ぼす可能性があります。この問題を解決したのがビタミンC誘導体です。EPC-Kは親水性のビタミンCと脂溶性のビタミンEがリン酸を介して結合した画期的なビタミンC誘導体です。紫外線などの影響で壊れにくいため、活性酸素に似た性質をもつことなく、肌へ効率よく吸収されます。肌から吸収された後は、肌のなかに存在する酵素のフォスファターゼによってビタミンCとビタミンEへと変換されていく可能性があります。ビタミンCが水溶性、ビタミンEが脂溶性を示すため、EPC-Kは水溶性と脂溶性の両方の性質(両親媒性)をもっています。ビタミンCの効果に加え、ビタミンEの抗炎症、抗酸化効果が期待でき、高い抗ニキビ効果や肌荒れ改善効果が期待できます。

アイ・ティー・オー GOA-C

抗酸化、抗シミ、抗シワ、抗ニキビ、保湿

ビタミンC誘導体とは、簡単にいうと”肌の中”でビタミンCに変換される物質のことです。ビタミンCは肌に対する様々な美肌効果をもっています。例えば、美白やシワ、毛穴の目立ち、ニキビなどに対して効果を発揮します。しかし、ビタミンCは紫外線などの影響により壊れやすく、活性酸素に似た性質をもつようになってしまい、かえって肌に対して悪影響を及ぼす可能性があります。この問題を解決したのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は紫外線などの影響で壊れにくいため、活性酸素に似た性質をもつことなく、肌へ効率よく吸収されます。アイ・ティー・オー GOA-Cは10%GO-VC水溶液のことです。GO-VC(カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸)はビタミンCに保湿剤で有名な「グリセリン」と抗菌効果が期待される「オクタノール」を結合させることにより安定性を高めた新規ビタミンC誘導体です。グリセリンが水溶性を、オクタノールが脂溶性を示すことから、GO-VCは水溶性と脂溶性の両方の性質(両親媒性)をもっていることから肌への高い浸透性が期待されます。グリセリンの保湿効果やオクタノールの抗菌効果に加えて、シミのもとであるメラニンの生成を抑制する効果やコラーゲンなどを生成する線維芽細胞を増やす効果があり、美白効果や抗シワ効果などが期待されます。また、ノニオン性のためジェルに配合することも可能です。

ナノスフィア ※弊社特許原料

抗酸化、抗シミ、抗シワ、抗ニキビ、保湿

ナノスフィアはナノカプセル原料であり、ナノカプセルの膜がビタミンC誘導体とビタミンE誘導体で構成された他にはないユニークな化粧品原料です。当然ながら、このナノスフィアの中にアスタキサンチンやコエンザイムQ10などを包接することができます。例えば安定性の悪い成分を包接した場合、その安定性を高めてくれるだけでなく、肌への浸透性も高めてくれます。さらには、通常イオン導入ができない成分も、ナノスフィアに包接することにより可能にします。また、ナノスフィアの膜がビタミンC誘導体及びビタミンE誘導体で構成されているため、中に入れた成分とビタミンC誘導体及びビタミンE誘導体の相乗効果までも期待されます。つまり、ナノスフィアは包接した成分の効果を効率よく且つ最大限発揮させることが可能な画期的な化粧品原料です。

TPNa

抗酸化、抗シミ、抗シワ、抗ニキビ、保湿

ビタミンE誘導体とは簡単にいうと”肌の中”でビタミンEに変換される物質のことです。ビタミンEは高い抗酸化効果、抗炎症効果など肌に対する様々な美肌効果をもっています。しかし、ビタミンEはビタミンCと同様に紫外線などの影響により活性酸素に似た性質をもってしまう可能性があり、かえって肌に対し悪影響を及ぼす可能性があります。この問題を解決したのがビタミンE誘導体です。TPNaはビタミンEにリン酸を結合させることにより安定性を高めたビタミンE誘導体です。紫外線などの影響で壊れにくいため、活性酸素に似た性質をもつことなく、肌へ効率よく吸収されます。肌から吸収された後は、肌のなかに存在する酵素のフォスファターゼによってビタミンEへと変換され、抗酸化、抗炎症作用、肌荒れ改善効果が期待できます。また、本来ビタミンEはオイル状のためローションや美容液には配合はできませんでしたが、TPNaはリン酸の結合によって水溶性の性質をもつことが可能になったため、ローションや美容液への配合を実現することができます。

アイ・ティー・オーRS、アイ・ティー・オーLF

抗酸化、抗シミ、抗シワ、抗ニキビ、保湿

アイ・ティー・オー RSは水溶性フラーレン、アイ・ティー・オー LFは脂溶性フラーレンのことです。フラーレンは、ダイヤモンドと同じ炭素の同素体(同一元素だけで構成される分子)で、非常に小さいサッカーボールのような構造をしています。様々な肌トラブルの原因の活性酸素は、紫外線、皮脂の酸化などによって発生し、シミのもととなるメラニンの生成や、シワの形成、炎症などを引き起こします。この活性酸素を除去する抗酸化成分として、ビタミンCやビタミンEなどが知られていますが、抗酸化力を比較するとフラーレンは、ビタミンCの172倍の抗酸化力があり、その効果は長時間持続します。そのため、美白やシワ、ニキビなどに対して高い効果が期待できます。また、メカニズムの異なる抗酸化剤を組み合わせることで、より高い抗酸化効果が期待できます。

桑白皮エキス

育毛

我々の毛は、毛が伸びていく「成長期」、毛の成長が止まり退縮していく「退行期」、そして毛が抜けていく「休止期」というサイクルを繰り返しています。ヒトの頭髪では、2~7年の成長期の後、約3週間の退行期を経て休止期となり、約3ヶ月後に抜け落ちるとされています。このヘアサイクルが何らかの原因で正常に働かなくなり、成長期の期間が短縮して休止期毛の割合が増加すると脱毛の症状が現れると考えられています。桑白皮エキスは桑の根の皮から独自の方法で抽出した天然育毛原料です。毛周期の休止期を短縮させると同時に成長期へ移行させる作用があります。また、男性、女性あわせて68名で育毛の臨床試験が実施されており、その効果は被験者のおよそ60%で高い改善がみられております。

バンジロウ葉エキス

育毛

「バンジロウ」とはグァバの和名です。グァバの果実は食用とされ、葉はポリフェノールを含み、糖の吸収をおだやかにする作用があるといわれており健康茶(グァバ茶)に使用されています。このグァバの葉を独自の抽出方法でエキス化されたものが育毛原料バンジロウ葉エキスです。バンジロウ葉エキスには「抗男性ホルモン作用」と「毛包細胞と毛乳頭細胞を増やす作用」が確認されています。男性ホルモンは脱毛に関与している可能性が高いことから、バンジロウ葉エキスは脱毛予防効果が期待されます。また、発毛に関与する毛包細胞や毛乳頭細胞を増やす作用がバンジロウ葉エキスにはあることから、発毛促進作用も期待されます。育毛の臨床試験も16名の被験者で実施されており、その効果は被験者のおよそ80%で高い改善がみられております。

ITOフィフラ

シワ

ITOフィフラは、成分としてはパーフルオロカーボン(PFC)であり、肌を膨潤させる作用やボトックス様作用があるといわれています。そのため、90秒と短時間での小ジワ改善効果が期待されます。さらには肌への酸素を供給する作用もあるともいわれており、長期的な使用によって深いシワに対する改善効果も期待されます。

Tersil®、Sparclay®

抗酸化、保湿、抗タルミ、皮脂抑制

ブラジルで採掘された合成色素・着色料は不使用の天然ミネラルクレイパウダーです。色は種類が豊富で、Tersil®が11色、Sparclay®が9色ございます。粒子径はTersil®がおよそ15μm、Sparclay®がおよそ3μmです。滅菌工程で放射線は一切使用しておらず、オゾンと熱による滅菌処理を行っております。スキンケア機能として、ミネラルクレイパウダーには珍しい保湿機能をもっている可能性があります。また、抗酸化効果や皮脂の分泌抑制効果や皮膚弾力性の改善効果ももっており、シワ、たるみ、ニキビに対する効果も期待されます。納期がおよそ2ヶ月ほどかかる可能性がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

アイ・ティー・オー DGA-C

抗酸化、抗シミ、抗シワ、抗ニキビ、保湿

ナノスフィアAECペースト

乳化、ナノカプセル化

パンテノール

抗アトピー、抗ニキビ

ビオチン

抗炎症、抗アトピー

レチノールパルミテート

抗シミ、抗シワ、抗炎症

トコエート

抗シミ、抗シワ、抗炎症

アスタキサンチンS

抗酸化、抗シミ、抗シワ

アイ・ティー・オーRQ(旧名称:リペアソームQ10 )

抗酸化、抗シワ

α-リポ酸 LC1

抗酸化、抗シミ、抗シワ

α-リポ酸 WSPC8

抗酸化、抗シミ、抗シワ

ピクノジェノール

抗酸化、抗シミ、抗シワ

コウジ酸

抗シミ

β-アルブチン

抗シミ

油溶性甘草エキス

抗シミ、抗炎症

ヒアルロン酸Na液

保湿

ヒアロベール

保湿

セラリピッド2(油溶性セラミド)

保湿

セラリピッドW-2(水溶性セラミド)

保湿

光学活性セラミド(天然型セラミド)

保湿

アイ・ティー・オーGL(旧名称:グリセリン)

保湿

ITO13ブチモイスト

感触剤、増粘剤、保湿、静菌

ペンチレングリコール

感触剤、増粘剤、保湿、静菌

1.2ヘキサンジオール

感触剤、増粘剤、保湿、静菌

ベタイン

保湿

リピジュアPMB

保湿、感触剤

ピュアポルフィラF 1%溶液

保湿

バイオPGA溶液HB

保湿

フィトコラージュ

保湿

セリン

保湿

アルギニン

保湿

プロリン

保湿

ヒドロキシプロリン

保湿

エルデュウ

保湿

アイ・ティー・オーPD(旧名称:プロデュウ)

保湿

ITOピーシーソーダ

保湿

アルジレリン

抗シワ、塗るボトックス

シンハイカン

抗たるみ、保湿、スリミング

酸化亜鉛ペースト(FLZ-01)

UVA遮蔽剤

ジェル基材

保湿、感触剤、増粘剤

クリーム基材(N)

保湿、感触剤、増粘剤

カーボポール940

保湿、感触剤、増粘剤

ポリアクリル酸ソーダ

保湿、感触剤、増粘剤

エマルゲン408

乳化

オリーブ油

保湿

精製ホホバ油

保湿

スクワラン油

保湿

グレープシード油

保湿

アボカド油

保湿

オレンジラフィー油

保湿

アイ・ティー・オーPE(旧名称:フェノキシエタノール)

静菌、防腐剤

メチルパラベン

一般用防腐剤

甘草抽出液

抗シワ、抗炎症

グリチルリチン酸2K

抗シミ、抗炎症

アロエベラ

抗シミ、抗シワ、抗炎症

フラボステロン

抗シミ、抗シワ、抗ニキビ

ガチュリン エクスプレッション

抗シワ、塗るボトックス効果

DST-H

むくみ防止、スリミング

グリピュア99

ピーリング

ソマシーCL-001

抗アトピー、抗炎症

シリコーンKF-995

感触改善